最適なCMSは「Fit&Gap分析」で選べ!〜無料ダウンロード資料付き

CMS選定のために「CMS比較」Fit&Gap(フィット&ギャップ)分析表テンプレートを用意しました。CMSパッケージ一覧表と合わせてCMS選定にお役立てください。
よろしければこちらもご覧ください

CMSはどうやって選ぶ?

企業のWebサイト担当者にとって、自社サイトに適したCMS(Contents Management System)を選ぶのは極めて難しく、ある意味、業務システムやSFA(Sales Force Automation:営業支援システム)などの支援ツールの選定よりも難しいかもしれません。

難しさの要因は複数あります。
初めて導入する場合は当然のことながら、リプレイスの場合でも前回の経験があまり参考にならず、社内に詳しい人がいないために情報の比較分析に手間取ることもあるでしょう。
また、インターネットで情報収集をしようとするとCMS関連のセールス情報があふれているため、どれが自社に最適なのかを客観的に判断・比較することが難しく、何が重要なのかわからなくなってしまうこともあるでしょう。

CMSの選び方について本ブログでは「進め方」や「考え方」といったいくつかの切り口で執筆してきました。パッケージ選定を行う前に前提条件をきちんと確認したり、対象となる業務を明確にしたり、用途に応じた具体的な利用ケースなどを紹介していますので、まずはこれらの記事を参考にしていただき、自社サイトに適したCMSの前提条件や業務要件を整理すると良いでしょう。

そして今回は、前提条件や業務要件がある程度明確になった段階で役立つ、CMSパッケージの「Fit&Gap(フィット・アンド・ギャップ)分析」を紹介します。
分析にはダウンロードしてすぐに使える無料の比較表テンプレート資料と、CMS候補の洗い出しに役立つ「CMSパッケージ一覧表」もご用意しましたので、こちらをご覧いただきながら読み進めてください。

Fit&Gap分析ってなんですか?

Fit&Gap分析とは、ある問題の解決のために要求に合うところと合わないところを判別しながら合理的に進めるための分析手法です。
例えば、ゼロから設計する(スクラッチ開発のシステム)場合に比べて、パッケージシステムの導入の場合は要求に合うところと合わないところがあるので、このFit&Gap分析でそのズレをあらかじめ明確にします。

それらの結果を元に各パッケージ製品を横並びで比較して、自社サイトに合わないところが致命的でないか?代替案があるか?などを詰めながら進めていくことで、合理的にパッケージ選定をすることができるのです。

Fit&Gap分析表の各項目には個別にスコアをつけて、総合的に評価を進めていきます。そのため、例えば「Gapがあったらダメ」「代替案が高価だから却下」といった極論を回避できるため、より納得度の高い選定結果を期待できると言えるでしょう。

 

▼続きは下記にてご覧いただけます。
最適なCMSは「Fit&Gap分析」で選べ!〜無料ダウンロード資料付き(2/2)
https://getting-better.jp/fit-and-gap-analysis-for-cms-selection-200327/2/

本稿は、Webに詳しくないWebマスターのためのブログ“Getting Better”
https://getting-better.jp/
に掲載された記事です。
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SSI
サーバー側で処理を行ってHTMLに反映させる仕組み。サーバーがSSIに対応してい ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス