BtoBサイトの出展レポートページはリード獲得&育成に貢献するのか?!

出展レポートページがリード獲得に繋がる4つの要素を考察しました
よろしければこちらもご覧ください

展示会などのイベントに出展した後、出展レポートをウェブサイトに公開している企業を見かける。

「出展レポートページは公開する意味があるのか。BtoBのリード獲得や育成に効果があるのか」

「出展の告知はメルマガで行っているけど、出展後の開催報告も配信した方が良いのではないか」

以前から疑問に思っていたが、ある条件下では効果があることが判明したため、改めて整理した。

出展レポートをウェブサイトに公開する意味はあるの?メリットは?

出展レポートをウェブサイトに公開するメリットは下記の4点と考える。

  • 興味関心を高められる
    出展レポートを見て自社プロダクトに興味を持っていただける可能性がある。
     
  • 来場者にメール配信でフォローできる
    出展レポートをメール配信し、当日の詳細を伝えることができる。また、資料をダウンロードできる仕掛けがあれば、リード獲得&育成に繋がる。
     
  • ブースに来れなかった人にも伝えられる
    突発的な予定が入り、展示会に来場できない人は一定数いる。メールアドレスがわかっていれば、出展レポートを配信することで展示コンテンツを伝えることができる。
     
  • 来場しなかった関係者にも(担当者を通じて)伝えられる
    BtoBの場合、担当者が展示会に行くと報告書をまとめマネージャーやチーム内に共有する企業もある。その際に出展レポートページがあれば、担当者は「詳細はこちらでも確認できる」とURLを添えて簡単に伝えることができる。しかも、担当者だけでなく関係者にも情報が伝わる。

【事例】BtoBプロダクトの出展レポートページがリード獲得に貢献

出展レポートページがリード獲得に貢献した事例1

コンバージョン分析 -問い合わせ貢献ページ-

出展レポートページがリード獲得に貢献した事例2

コンバージョン分析 -資料ダウンロードページ-

上図は、私が管轄しているBtoBプロダクトの1つで、出展レポートページがリード獲得に貢献している事例である。

  • 問い合わせに貢献したページランキングでは、出展(イベント)レポートページが1,2,4位と上位を占めている。
  • 資料ダウンロードに貢献したページランキングでは、出展(イベント)レポートページが4位にランク入りしている。

ただ、この実績は私が管轄しているBtoBプロダクトの1つで起きている現象に過ぎない。

逆に、出展レポートページがリード獲得に貢献していない(貢献度が数値では見えない)BtoBプロダクトも多い。

 

この差は何だろうか?

 

確かにプロダクトの特性にもよるが、多くのBtoBプロダクトの数字を見ていると、リード獲得に繋がる出展レポートページにはいくつかの要素が詰まっていると感じる。

 

※この続きは、BtoBサイトの出展レポートページはリード獲得&育成に貢献するのか?!でお読みいただけます。

記事内で紹介している内容は下記目次のとおりです。

<目次>

1 出展レポートとは

2 出展レポートをウェブサイトに公開する意味はあるの?メリットは?

3 【事例】BtoBプロダクトの出展レポートページがリード獲得に貢献

4 【仮説】出展レポートページがリード獲得に繋がる4つの要素とは

5 出展レポートページの参考サイト

6 リード獲得&育成に繋がる「出展レポート」のワイヤーフレーム

7 今回の仮説について

 

記事の詳細はこちら。

BtoBサイトの出展レポートページはリード獲得&育成に貢献するのか?!

(BtoBのデジタルマーケティング戦略ラボ)

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ストップワード
自然言語を処理するにあたって一般的であるなどの理由で処理対象外とする単語。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]