日経新聞の一面にも取り上げられた「Googleのcookie規制」その影響は?

2020年1月14日、Googleがサードパーティcookieを規制すると発表しました。日経新聞の一面を飾るなど大々的に取り上げられ、総合広告代理店である弊社にも多くの問合せが届いています。今回、Googleのcookie規制の内容を正しく知るとともに、Web広告への影響を考えてみたいと思います。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。
Googleがサードパーティcookie規制を発表。日経新聞の一面を飾ったこともあり、大きな話題になった。

Google、cookie規制を発表

Googleは2020年1月14日、サードパーティcookieのサポートを2年以内に打ち切る計画をしていると発表しました。Appleは2017年にsafariにITPを導入し近い規制を実施しましたが、ついにGoogleもその流れに乗った形です。safariの3倍以上のシェアを持つGoogleChromeも対象となったため、広告プラットフォーマー、パブリッシャー、広告主の間で大きな話題になっています。

>>規制対象の「サードパーティcookieとは?」

プライバシーサンドボックスとは?

各社の報道ではGoogleがいきなりcookieを規制して、ユーザーデータを独占しようとしているかのような印象を受けるものもあります。しかし、2017年のsafariが規制したときから予期されていたことであり、2019年8月の「プライバシーサンドボックス」という取り組みの発表でより具体的に予期されていました。

プライバシーサンドボックスとは、Googleだけでなく他ブラウザ、広告プラットフォーマー、パブリッシャーが一丸となり、プライバシーに関する新しい"Web標準"を作ろうという動きです。
こうした業界標準無しにcookieを規制することについて、Googleは次のようにコメントしています。

まず、Cookieの大規模なブロックは、フィンガープリントなどの不透明な技術を奨励することになり、さらに人々のプライバシーを損ないます。フィンガープリンティングは、所有するデバイスやインストールしたフォントなど、ユーザーごとに異なる情報を使用して、ユーザーを照合する方法を見つけました。Cookieとは異なり、ユーザーはフィンガープリントを削除できず、自分の情報を制御できません。これはユーザーの選択を覆すものであり、間違っていると考えています。

>>プライバシーサンドボックスが目指す未来

Web広告への影響

今回の発表を読み解くと、Web広告を利用している広告主への影響はあまりないと考えられます。Googleは単にcookieを規制するといったのではなく、cookieに変わる安全で信頼できるデータ取引を実現するといっています。
2019年8月にプライバシーサンドボックスを発表し、2020年1月14日に具体的なcookie規制の方針を打ち出したということは、cookieが完全に規制される2年後までにプライバシーサンドボックスの構想を実現できると考えているとも考えられます。

>>Google広告、DSP広告への影響
 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

リアルタイム検索
Webに公開されたコンテンツが、すぐに検索できるようになる仕組み。 または ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]