地方公共団体によるLINE公式アカウント活用事例【Feedmatic Blog】

地方公共団体による実際のLINE公式アカウント導入事例を紹介しながら、どのように地域住民への様々な情報の発信や行政サービスの提供を行っているのか、パターン毎にご紹介
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

LINEは2019年5月より、地方公共団体を対象に「LINE公式アカウント」を無償化する「地方公共団体プラン」を提供しています。また、地方公共団体向けに特化したLINE活用マニュアルの提供など、LINEによる導入支援も進んでいます。

今回、Feedmatic Blogでは、地方自治体による実際のLINE公式アカウント導入事例を紹介しながら、どのように地域住民への様々な情報の発信や行政サービスの提供を行っているのか、パターン毎にご紹介しています。

[Feedmatic Blog]地方公共団体によるLINE公式アカウント活用事例~地域住民のニーズにあわせた情報発信や行政サービス提供
https://blog.feedmatic.net/201912_line-for-local-government/

▼記事の一部をご紹介▼

LINEの地方公共団体プランとは?

LINEの地方公共団体プランとは、各地方公共団体向けに通常のLINE公式アカウントの機能をそのままに、月額固定費0円、メッセージ通数も無制限でサービスが受けられる特別なプランです。(※但し、通知メッセージ、LINE Beacon、Chat API、Call APIは無償の対象外)

LINEの地方公共団体プランを利用することによって、各地方公共団体は、「LINE公式アカウント」上での戸籍・住民異動・福祉・教育など住民向けサービスの各種申請・届出の受付や、モバイル送金・決済サービス「LINE Pay」を利用した税金のキャッシュレス支払い、災害時における住民への避難方法の緊急連絡など、様々な用途で「LINE公式アカウント」を活用することが可能になります。

また、「Messaging API」を活用した、特定の住民に対するセグメント配信やOne to Oneコミュニケーションなども実現することができます。

 

目次をご紹介

  • LINEの地方公共団体プランとは?
  • 地方公共団体によるLINE公式アカウント活用事例
    • 一斉配信による市政情報の発信
    • 地域住民が必要としている情報をセグメント配信で提供
    • 地域住民からの情報提供をLINEで受付
    • チャットボットやAIによる自動応答サービスで住民の問い合わせに24時間自動回答
      • 災害時に信頼性の高い情報を提供
      • 自動応答サービスで24時間情報提供・面談予約もLINEで受付
    • 住民票申請・粗大ごみ受付など各種行政サービスの提供
  • 自治体独自のふるさと納税特設サイトへのLINEログイン導入

[Feedmatic Blog]地方公共団体によるLINE公式アカウント活用事例~地域住民のニーズにあわせた情報発信や行政サービス提供
https://blog.feedmatic.net/201912_line-for-local-government/

Feedmatic Blogとは

Feedmatic Blogとは、株式会社フィードフォースが「データフィード」「ダイナミック広告」「ID連携」を軸に、新しいマーケティングのトレンドや実践的なノウハウを発信するブログ」です。

変化の激しいデジタルマーケティングの世界で様々な手法を模索中のマーケターに向けて、日々有益な情報を発信しています。

Feedmatic Blog:https://blog.feedmatic.net/

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]