気づかないタイ語の文字化け~ 正しく表示されているか確認しましょう~

ただでさえ難しくみえるタイ語。文字化けとなると、さらに気が付きにくいのです。
よろしければこちらもご覧ください

独自性のある特殊なキャラクターが使われる言語にアラビア語やタイ語があります。
日本では使用する機会が少ない言語のため目にすることが少ないのですが、昨今の多言語化のトレンドの中で使用される業界も増えているのではないでしょうか。

 

タイ語にもフォントの種類は多く存在し、現地では装飾したフォントなどが各種使用さています。
記号の付き方などもフォントによって特徴があるため、言語が読めない人にはキャラクターの区別もつきづらい言語のひとつです。
日本国内でもインバウンドの需要から、企業のWebサイトでサービス内容をタイ語で表示している会社もあります。
タイ語に通じた人材が少ない中で制作したWebサイトやカタログ等で、正しくタイ語が使用されているか検証はできているでしょうか。
まったく異なるキャラクターが混在していると、文字化けだとすぐに気づくのですが、タイ語の場合はフォント自体の構造から文字化けに気づかない場合があります。

 

普段から読み書きで使う機会がほとんどないため...
 

▼詳しくはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/l005_201909.html

 

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ストップワード
自然言語を処理するにあたって一般的であるなどの理由で処理対象外とする単語。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]