ダイナミック広告の効果改善に欠かせない!データフィード改善の実践テクニック【Feedmatic Blog】

Facebookダイナミック広告やCriteoなど、ダイナミック広告の効果改善に欠かせない実践的なデータフィードの改善テクニックをご紹介します。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

Facebookダイナミック広告やCriteo、Googleショッピング広告など、ダイナミック広告の効果改善に欠かせないのが、データフィードのチューニングです。

リスティング広告に表示させるテキストや、ディスプレイ広告のバナーは、何度も差替えを行っているのに、ダイナミック広告のデータフィードは、導入時に作成した時のまま。なんて事ありませんか?

また、いざデータフィードの改善に取り組もうと考えた際、「思うように改善施策が思い浮かばない」「どんな事ができるのか分からない」といった声もよく耳にします。

今回、Feedmatic Blog( https://blog.feedmatic.net/ )では、そんな課題をお持ちの方に向けて、実際にデータフィード改善の現場で活用されているテクニックをご紹介しています。

[Feedmatic Blog] こんな時どうする?データフィード改善の実践テクニック(基礎編)
https://blog.feedmatic.net/201909_datafeed-improvement-techniques/

▼記事の一部をご紹介▼

訴求力を高める商品タイトルを作成するには?

データを結合させて新しいタイトルを作成する

元データの商品名が、シンプルな場合には、他の項目から情報を加えて具体的な商品タイトルとなるように作成しましょう。

例えば、ECサイトであれば、商品名にブランド名、カラー、サイズなどユーザーが求める情報を表示する事をおすすめします。

具体的な商品情報を商品名に含めることで、視認性を高め、CTRの改善が期待できます。
また、Googleショッピング広告では、検索語句と一致するキーワードを商品名に含める事によって、インプレッション数の増加も期待できます。

媒体の規定や、広告表示される文字数などを考慮して、媒体毎に適切な形式に整える事も重要なポイントです。

 

目次をご紹介

  • 訴求力を高める商品タイトルを作成するには?
    • データを結合させて新しいタイトルを作成する
  • 機械学習を促し効果を上げるフィード構成にするには
    • データを分割して新しいカテゴリを作成する
  • ユーザーに伝わりやすい情報を表示させる
    • 単語を置き換える
    • 数値・コードを置き換える(表引き)

[Feedmatic Blog] こんな時どうする?データフィード改善の実践テクニック(基礎編)
https://blog.feedmatic.net/201909_datafeed-improvement-techniques/

Feedmatic Blogとは

Feedmatic Blogとは、株式会社フィードフォースが「データフィード」「ダイナミック広告」「ID連携」を軸に、新しいマーケティングのトレンドや実践的なノウハウを発信するブログ」です。

変化の激しいデジタルマーケティングの世界で様々な手法を模索中のマーケターに向けて、日々有益な情報を発信しています。

Feedmatic Blog:https://blog.feedmatic.net/

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

JavaScript
主にWebブラウザ上で動作するスクリプト言語(プログラミング言語)。 We ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]