DACの専門組織とトーチライトが「Twitter」ダイナミック広告を一括支援するサービス開始

コマースDX横断対応組織「CROSS COMMERCE Studio」、TwitterのECサイト販促支援強化に対応

デジタルマーケティング事業のデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)は、同社のコマースDX(デジタル変革)横断対応組織「CROSS COMMERCE Studio」と、SNSマーケティング支援事業のトーチライトが、「Twitter」ダイナミック広告を一括支援するサービスを始める、と11月25日発表した。データフィード構築から広告運用までサポートする。

ダイナミック広告は、ユーザーのサイト閲覧状況などの行動に応じて最適な広告を自動生成・掲載して配信。データフィードは自社の商品データを配信用フォーマットに変換・送信する仕組み。米国Twitterは、米国でショッピング機能「Twitter Shop」を先行公開し、日本でも11月にダイナミック広告を開始するなどECサイトの販促支援分野を強めている。

CROSS COMMERCE Studioは、トーチライトのデータフィードマネジメントツール「seil(ザイル)」を利用し、プラットフォーム横断のショッピングやダイナミック広告のデータフィードコンサルティングサービスを展開。Twitterのショッピング機能活用拡大を見込んで新たにTwitterに対応し、ソーシャルコマース活用支援サービスを強化することにした。

一括支援サービスは、①テンプレート機能による簡易なデータフィード連携②高度な広告運用~改善までのワンストップ支援--を実施。①はTwitterのデータフィードフォーマットにseilのテンプレート機能が対応することで、ECサイトとTwitterダイナミック広告のデータフィード連携を簡単にする。②は広告配信機能を生かした運用・改善のサポート。

支援サービスの概要
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ビジネスエスノグラフィ
ユーザー中心設計/人間中心設計における、ユーザー調査の方法論の1つ。 ユー ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]