ブレインパッドが企業のデータ活用・分析の内製化支援サービス「BrainPad DAY」開始

自らDXが可能になるようサポート、DX推進企業必要な6つのオファリングモデルを提供

ビッグデータ活用・デジタルマーケティングサービス事業のブレインパッドは、企業のデータ活用・分析の内製化を支援するサービス「BrainPad DAY(ディー・エー・ワイ)」を始める、と11月25日発表した。企業が外部の手を借りることなく、自社の人材や設備を生かすことで自らDX(デジタル変革)が可能になるようにサポートする。

これまでブレインパッドが企業の経営課題解決やデータ活用・分析の支援を通じて蓄積した知見を集め、企業が直面するIT人材不足の解決につなげる。必要な人材像の明確化や組織の組成、人材育成、データ分析基盤の構築など、DX推進企業に必要な6つのオファリングモデル(事前に想定した標準的な提案)を提供し、内製化を支える。

オファリングモデルは、①データドリブンアセスメントサービス②人材育成/分析伴走③データドリブン組織組成/組織変革④データガバナンス整備⑤プロダクト導入⑥分析基盤整備。①でデータドリブンに関する組織力を評価して具体的な施策検討を支援し、③で効果・結果を最大化するデータ活用戦略と施策の検討をサポートする。

「BrainPad DAY」のサービス概要
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

NPS
顧客のロイヤルティを測る指標の1つ。単純な算出方法の指標だが、近年重要視されてい ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]