博報堂DYグループが「地域DXソリューション」で各地の自治体・事業者のDX・ECを支援

産直ECモールの立ち上げからEC事業診断、ECモール運用など各地に即した課題解決を支援

博報堂のECに特化した組織横断型プロジェクト「HAKUHODO EC+」は、地方自治体・事業者のDX(デジタル変革)とECを支援する「地域DXソリューション」の提供を始めた、と2月6日に発表した。博報堂DYグループ「ショッパーマーケティング・イニシアティブ」が①産地直送ECモール立ち上げ、②EC事業診断、③ECモール運用代行、④新商品開発、⑤地域ライブコマース、⑥地域DX教育――の6つのソリューションを提供する。

「HAKUHODO EC+」の「地域DXソリューション」

①はECモールの事業戦略策定からモール構築・事業者の加盟促進・物流構築・受発注管理・認知獲得を行う。②はEC経験がない事業者に事業計画作成やECチャネル戦略を策定する。③は専門チームがECモールの運営業務代行や出品・ふるさと納税をサポート。④はECに特化したデータで地域物産品を企画・開発。⑤は専門組織「LiveCommerce+」がライブコマースを企画運用する。⑥はDX・EC人材を育成して業務内製化を支援する。

EC化の進展でエリアを問わない販売チャネルが増えて地方自治体・事業者に大きなチャンスが広がり、人材確保と課題を解決するソリューションが求められている。地域DXソリューションは、DXHAKUHODO EC+が手掛けた地方自治体・事業者の支援実績をもとに、ビジネス実装をプロデュースする博報堂プロダクツや、地方、中小・ベンチャー企業を支援してきたソウルドアウトグループなどのナレッジやスキルを集約して提供する。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SEO
検索エンジンからサイトに訪れる人を増やすことで、Webサイトの成果を向上させる施 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]