サイバーエージェントが「Facebookダイナミック広告」で複数店舗の広告主の運用を改善

「CA DataFeed Manager」で「Facebook Dynamic Ads with Local Products」の更新自動化
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告事業のサイバーエージェントは、企業が保有する商品情報をリスト化した「データフィード」のマネジメントサービス「CA DataFeed Manager(シーエーデータフィードマネージャー)」が「Facebook Dynamic Ads with Local Products」に対応した、と10月21日に発表した。ユーザーの位置情報や店舗の緯度経度を元に指定の半径内のユーザーに配信する「Facebookダイナミック広告」の運用コストを削減できる。

連携の概要

 

CA DataFeed Managerは、企業の保有データに基づいて広告配信先の仕様に合わせて最適化したデータフィードを生成するツール。広告配信時のオペレーション管理コストを削減して、広告の費用対効果の最大化に貢献する。Facebookダイナミック広告の配信にはデータフィードの手動更新が必要で、フィットネスクラブやエステサロンなど複数の店舗を保有する広告主にとってデータフィード更新の運用コストの高さが課題だった。

CA DataFeed ManagerがFacebook Dynamic Ads with Local Productsに対応したので、データフィードの自動更新が可能になり運用工数を大幅に削減。手動運用の人的な更新ミスもなくなる。サイバーエージェントによる運用テストでは、Facebook Dynamic Ads with Local Productsを活用した広告の自動配信事例と通常のFacebookダイナミック広告配信比でCTR(クリック率)が225%、CPA(成果単価)88%改善したという。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

PPC
クリック課金型の広告の総称。しばしば、検索連動型広告のことを指して使われることも ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]