なぜMA・CRM導入・運用が「生産性の低い仕事」になるのか?生産性の高いマーケティング担当者になるために。

なぜMA・CRM導入・運用が「生産性の低い仕事」になるのか?生産性の高いマーケティング担当者になるために。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

「カナズチを持つと何でも釘に見える」という。面白そうなおもちゃを手にすると何でも試したくなることを表現した言葉であるが、これは、我々マーケターがツールを手にすると何でもいいから使ってみたくなり、本質的な問題を見失うことへの警告でもある。

正直なところ、MAやCRMのツールを使ってみたいという、その気持ちはよく分かる。単純に好奇心が強くなり、成果とかそういうことを抜きにして「面白そう」と感じてしまうのだ。しかし、そのような考え方が通用するのは趣味の範囲までだ。仕事において「なんかやってみたい、なんか成果が出せそうだ」でツールを導入することは、コストがない場合を除き許されることではない。

続きはこちらからご覧いただけます。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索連動型広告
検索エンジンの検索結果ページで、検索キーワードに対応した内容の広告が表示される広 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]