「気づく力」を持つマーケティング担当者になるために必要なこと。

「気づく力」を持つマーケティング担当者になるために必要なこと。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

「気づける人」と「気づけない人」の差は何なのだろうかと思うことがあります。同じレポートを見ていても、その数字から核心を突くような意見を出す人もいれば、同じ数字から何も感じない人もいます。また、消費者を直接見るために現場に行くと、新しい気づきを得る人もいれば、何も感じない人もいます。

本来であれば、ビジネスマンならば後者(気づける人)でなければなりません。しかし、ほとんどの人は何も感じないで終わってしまうことが多いように感じます。

しかし、なぜ「気づける人」と「気づけない人」がいるのでしょうか。そこにある違いを知ることによって、これまで気づけなかった人も何かに気づけるようになるのではないでしょうか。そこで、今回は「気づける人」と「気づけない人」の違いについて考えてみたいと思います。

続きはこちらからご覧いただけます。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ジオターゲティング
IPアドレスなどから閲覧者の居住地を解析し、それを利用する技術。 居住地を ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]