一か月分のマーケティングトレンド|【2019年03月度レポート】Webマーケティングカレンダー

Webマーケティングカレンダーはマーケティングニュースから主要な物をまとめ、その月のトレンドを知るものです。Webマーケティング業界の最新情報を一括して学びます
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

3月はマーケティング関連のニュースが非常に多い印象がありました。

2019年3月のトレンド|Web広告業界はAI・人工知能がテーマ

2019年3月もマーケティングに関する様々な発表がありました。今月のトレンドについて言えることは、大きく3つあると考えています。

AIや人工知能を搭載したサービスが一般化

サイバーエージェント、電通といった大手Web広告企業が中心となって、AIや人工知能を搭載した成果予測ツール、最適化ツールが相次いで登場しています。コストや制度の面でまだまだ課題はありますが、今後、この流れはさらに強くなっていくでしょう。

SNSの信頼度向上・利用動向には常に注目

SNS関連の調査データの発表も多くありました。いずれも、SNSの生活への浸透が進み、既存メディアを超える信頼性・影響力を持つようになっていることがわかります。

Tik Tokのように数年で大きく成長するSNSも少なくないため、SNSの利用動向には常に注目する必要があります。

LINEのアップデートに注目

LINEが広告事業に乗り出したのは2017年ごろですが、広告プラットフォームとして急成長しました。また、様々なアンケート調査パッケージも毎月のようにリリースされています。LINE@もメルマガに変わる媒体として、多くの企業で定着してきました。

今後も、LINEがマーケティングに与える影響は大きくなると考えられます。国内最大のSNSという地位もあり、LINEのサービスはマーケティング戦略を一変させる可能性があります。常にアンテナは張っておきましょう。

続きは「Webマーケティングカレンダー【2019年03月度レポート】」をご覧ください

また、フランシスコ教皇が2000年続くローマ教皇の歴史の中で、初めてプログラムコードを書くなど、明るいニュースもありました。
ピックアップニュースでは次の3つを取り上げています。

  •  アップアニー 2018年世界アプリパブリッシャーランキング トップ52 社を発表
  •  MMD研究所 「中高生のニュースに関する意識調査」の結果を発表
  •  Adobe 日本人のデジタルコンテンツ消費に関するトレンドを発表
  •  AppsFlyerは、「パフォーマンスインデックス Edition VIII」を発表

 
続きは「Webマーケティングカレンダー【2019年03月度レポート】」をご覧ください

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

リターゲティング
行動ターゲティング広告の1つで、検索サイトやバナー広告などから訪れた訪問者のその ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]