顧客同士の「関係性」と「時間的変化」を考慮したマーケティングが大切である。

顧客同士の「関係性」と「時間的変化」を考慮したマーケティングが大切である。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

前回の記事では、顧客は常に変化するにも関わらず、マーケティング戦略の教科書の多くは、今この瞬間の顧客の状態を切り抜いた上で戦略を立案することが説かれていると書いた。前回は、顧客の子供の頃の経験が大人になっても影響することを活用し、マーケティングした「チョコエッグ」について書いたが、今回は前回ほど時間経過が長くない場合を想定したい。

続きはこちらからご覧いただけます。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ジオターゲティング
IPアドレスなどから閲覧者の居住地を解析し、それを利用する技術。 居住地を ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]