マーケティングに使える。消費者の行動に影響を及ぼす12の心理的効果

マーケティングに使える。消費者の行動に影響を及ぼす12の心理的効果
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

マーケティングは、消費者の心理を変化させ、行動を変化させるためにあるわけだが、多くのマーケターが取り組んでも殆どの場合上手くいかない。それだけ、人間の心理を知ることは難しいことであり、さらに行動を変えるということはさらに難しいことだからだ。顧客を観察し続けていると何となく消費者心理が理解できるようになる人は一定数いるものだ。しかし、そこから先の「行動を変える」ことまで出来る人は少ない。単純に知ることと変えることの間には非常に大きな差があるのだ。

続きはこちらからご覧いただけます。

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]