消費者とブランドのつながりを強化し購買行動を促進するマーケティング手法

消費者とブランドのつながりを強化し購買行動を促進するマーケティング手法
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

消費者は特定のブランドやメーカーに対して強い想いを持つことがある。その強い想いにより、他のブランド製品は目に入らなくなる。この強い想いは、その「ブランドへの共感」であると言われている。つまり、ブランドが「自分自身にふさわしいと感じる」ことや「自分自身そのものだ」と感じるのことである。

このような想いは、「自己とブランドのつながり(Self-brand Connection:=以降SBC)」と呼ばれている。SBC(Self-brand Connection)とは、消費者とブランドとの絆や結びつきのことを言う。言い換えると、そのブランドが、 消費者のアイデンティティ、 目標、 問題、 価値に強く関連している状態と定義される。

続きはこちらからご覧いただけます。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドバテインメント
広告(advertisement)とエンターテインメント(entertainme ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]