「解決が難しい目的」を「解決できる目的」にしてマーケティングを向上させる。

「解決が難しい目的」を「解決できる目的」にしてマーケティングを向上させる。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿です:
  • 編集部の見解や意向と異なる内容の場合があります
  • 編集部は内容について正確性を保証できません
  • 画像が表示されない場合、編集部では対応できません

マーケティングにおいて、「目的」を設定することは重要である。「目的」を設定しなければ、効果的な施策に落とし込めないからだ。しかし、近年実現が難しい「目的」が増えてきている。単純に売上を上げろと言われても、そう簡単にできるものではない。そのため、多くのマーケティング担当者は地道にPDCAをまわして対応していることが多い。

もちろん、PDCAを否定するつもりはないが、本来の目的を忘れてしまい、無意味な施策を継続している状態に自ら追い込んでいるマーケティング担当者もいるような気がする。今回は、難しいと思われていた目的を、達成できる目的に変えることが出来ることについて書いていきたい。

続きはこちらからご覧いただけます。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

メタデータ
「データのデータ」。あるデータや情報の属性や特徴を表す付随的な情報を指す。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]