「嫌われる顧客」を明確にすることでマーケティングは上手くいく。

「嫌われる顧客」を明確にすることでマーケティングは上手くいく。

マーケティングの教科書の多くでは、セグメントしターゲットを決めるべきだという。その特定したターゲットに対してマーケティングミックスを展開することで顧客を獲得することが出来るという。

しかし、マーケティングは人間によって行われるため、どうしても「嫌われたくない」という意志が働く。自身では意識していなくても「嫌われることはダメなこと」ということを多くの人と共有できるために、いつの間にか「可能な限り広い範囲の人に気に入られるようにする」施策になっていることが多い。いつの間にか、セグメントとターゲットがなおざりになってしまう。

続きはこちらからご覧いただけます。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アクセシビリティ
広義には、障害者、高齢者を含むすべての人間が、同じレベルでサービスや機器、施設を ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]