「嫌われる顧客」を明確にすることでマーケティングは上手くいく。

「嫌われる顧客」を明確にすることでマーケティングは上手くいく。
よろしければこちらもご覧ください

マーケティングの教科書の多くでは、セグメントしターゲットを決めるべきだという。その特定したターゲットに対してマーケティングミックスを展開することで顧客を獲得することが出来るという。

しかし、マーケティングは人間によって行われるため、どうしても「嫌われたくない」という意志が働く。自身では意識していなくても「嫌われることはダメなこと」ということを多くの人と共有できるために、いつの間にか「可能な限り広い範囲の人に気に入られるようにする」施策になっていることが多い。いつの間にか、セグメントとターゲットがなおざりになってしまう。

続きはこちらからご覧いただけます。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

広告代理店
広告を出したい者(広告主)と広告を掲載する者(媒体)の間にたつ存在。 媒体 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]