マーケティングの課題は「出来ること」から始めるべきか?「インパクトのあること」から始めるべきか?

マーケティングの課題は「出来ること」から始めるべきか?「インパクトのあること」から始めるべきか?
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

「まず、出来ることから始めるべきだ!」

そんなことを先輩や上司から言われたことがあるのではないだろうか?しかし、このような出来ることをずっと続けていても本質的な問題は解決しないことが殆どだ。さらに、出来ることを沢山実施しても売上・利益への貢献度は低い。沢山頑張っているのに、なかなか伸びない状態になる。なので、別の人はこう言う。

「最もインパクトが高いところから始めるべきだ!」

しかし、これは実現が難しい。多くの場合、難しい課題であるためにどのくらいの時間とコストが必要となるのかが分からない。この種の課題には企業のトップレベルに新しく入社した役員が取り組んでもいつになっても結果が出来ない。いつの間にか、役員は去る。

では、企業はどの課題から手を付けるべきなのだろうか?一つの方法として提示されているのが、上記の2つの考え方を合算した方法である。

続きはこちらからご覧いただけます。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

APIA
アジア太平洋地域のISPやEC関連サービス会社、コンテンツプロバイダーなどのイン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]