シャウエッセンの「レンジ解禁」施策は、消費者の視点を変えるマーケティング施策である。

シャウエッセンの「レンジ解禁」施策は、消費者の視点を変えるマーケティング施策である。

色々と話題になっているが、私はこの施策はマーケティング的に素晴らしいと感じている。どういうことかというと、コモディティ化した市場において、シャウエッセンという製品に対する新しい視点を提供しているからだ。

ウィンナーを買う時に皆さんはどのような基準を使うだろうか?きっと多くの人は「価格」で決めるのではないだろうか?もちろん、味で決める人もいるだろうけど、大部分の人は味もそんなに変わらないし、安い方がいいなと思うのではないだろか?しかし、そのように判断されてしまってはシャウエッセンを含む食品メーカーはシェアを奪うことは出来ない。可能な限り自社ブランドを指名買いしてもらいたいのだ。

そのような状況において、この「レンジ解禁」の施策は、シャウエッセンの製品を指名買いしてみようと思わせる施策である。多少高くても買ってくれる可能性すらある。

続きはこちらからご覧いただけます。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

robots.txt
ロボット型の検索エンジンが自分のページを登録しないようにするためにサイト管理者が ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]