なぜ「いきなり!ステーキ」は米国で店舗大量閉鎖に追い込まれたのか?マーケティングにおいて価値観を変えようとすることは厳禁である。

なぜ「いきなり!ステーキ」は米国で店舗大量閉鎖に追い込まれたのか?マーケティングにおいて価値観を変えようとすることは厳禁である。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

このインタビューでまず分かることは「立ち食いスタイル」を1号店のみで実施しており、しかも最初の3ヶ月くらいしか「立ち食いスタイル」は存在しなかったという事実です。現在では、スツール(足の長いイス)が導入されているということで、進出後すぐに「いきなり!ステーキ」の特徴を一つ諦めていることになります。

また、社長自ら「 日本とアメリカではステーキに対する考え方がずいぶん違うことがわかりました。 」と言っているように事前のマーケティングが不十分か、マーケティングをそもそもしていないことが分かります。

続きはこちらからご覧いただけます。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]