なぜ「いきなり!ステーキ」は米国で店舗大量閉鎖に追い込まれたのか?マーケティングにおいて価値観を変えようとすることは厳禁である。

なぜ「いきなり!ステーキ」は米国で店舗大量閉鎖に追い込まれたのか?マーケティングにおいて価値観を変えようとすることは厳禁である。

このインタビューでまず分かることは「立ち食いスタイル」を1号店のみで実施しており、しかも最初の3ヶ月くらいしか「立ち食いスタイル」は存在しなかったという事実です。現在では、スツール(足の長いイス)が導入されているということで、進出後すぐに「いきなり!ステーキ」の特徴を一つ諦めていることになります。

また、社長自ら「 日本とアメリカではステーキに対する考え方がずいぶん違うことがわかりました。 」と言っているように事前のマーケティングが不十分か、マーケティングをそもそもしていないことが分かります。

続きはこちらからご覧いただけます。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アクセシビリティ
広義には、障害者、高齢者を含むすべての人間が、同じレベルでサービスや機器、施設を ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]