キャズムを超えるために「フィルター・思考枠の違い」に注目するマーケティングを!

キャズムを超えるために「フィルター・思考枠の違い」に注目するマーケティングを!
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

この理論は「同じフィルター・思考枠」を持っている集団に区分したとも考えることが出来る。つまり、イノベーターは新しいものに高い価値があるというフィルター・思考枠で常にモノゴトを考える人であり、アーリーアダプターはその新しいものを実際に適用してみることに価値を感じる人たちである。マジョリティは、早急に飛びつくことのリスクという側面で物事を見る一方で、新しさが成長を促進させるというフィルター・思考枠で物事を考える人だ。つまり、大きく分けて5つのフィルター・思考枠を通して物事を見る人がいると考えることが出来る。

続きはこちらからご覧いただけます。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

UDRP
ICANNが1999年に採択した、ドメイン名の所有者と商標登録者との間の紛争を処 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]