キャズムを超えるために「フィルター・思考枠の違い」に注目するマーケティングを!

キャズムを超えるために「フィルター・思考枠の違い」に注目するマーケティングを!
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

この理論は「同じフィルター・思考枠」を持っている集団に区分したとも考えることが出来る。つまり、イノベーターは新しいものに高い価値があるというフィルター・思考枠で常にモノゴトを考える人であり、アーリーアダプターはその新しいものを実際に適用してみることに価値を感じる人たちである。マジョリティは、早急に飛びつくことのリスクという側面で物事を見る一方で、新しさが成長を促進させるというフィルター・思考枠で物事を考える人だ。つまり、大きく分けて5つのフィルター・思考枠を通して物事を見る人がいると考えることが出来る。

続きはこちらからご覧いただけます。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

APIA
アジア太平洋地域のISPやEC関連サービス会社、コンテンツプロバイダーなどのイン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]