現時点ではAIよりも仮説検証の方が効果的なマーケティングにつながる

現時点ではAIよりも仮説検証の方が効果的なマーケティングにつながる
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ビックデータやAI使って分析することで売上を増加させる誰も気づけなかった新しい仮説が生まれると思われている。CRMのデータやMAのデータ・DMPのデータ・POSデータなど、消費者の行動のありとあらゆるデータを分析することにより事業を発展させる有益な仮説が生み出されると思われている。

しかし、多くの人がご存知の通り、現時点ではそれは幻想でしかない。実際には消費者のあらゆるデータを取得することはまず不可能である。そして、仮にそのあらゆるデータが取得できたとしたとしても、有益な仮説が導き出されるのかどうかは分からない。いずれ可能になるのかもしれないが、いつになるのかは分からない。

続きはこちらからご覧いただけます。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インバウンドリンク
外部のサイトなどから自分のサイト内のページへのリンクのこと。“被リンク”とも呼ば ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]