マーケティング担当者が「仮説思考力」を身に付けるためのトレーニング法

マーケティング担当者が「仮説思考力」を身に付けるためのトレーニング法
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

仮説思考はマーケティング担当者にとって非常に大切なスキルである。データ活用が必須となった今、データから仮説を導き出す能力が必要とされているということもあるが、それ以前から仮説思考はマーケティング担当者に限らずビジネスマンにとって大切であることは言われてきた。

スピードを求められる現代において、手当たり次第に取り組むことはビジネスの世界では評価されない。そうではなく仮説を立て、それを検証し、また新たな仮説を立てるという繰り返しによって適切な課題設定と原因分析が可能になる。

しかし、仮説思考に取り組んでも、なかなか上手くいかない人が多い。

続きはこちらからご覧いただけます。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ジオターゲティング
IPアドレスなどから閲覧者の居住地を解析し、それを利用する技術。 居住地を ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]