顧客の求める価値は変化する。その変化の中にマーケティングのチャンスがある。

顧客の求める価値は変化する。その変化の中にマーケティングのチャンスがある。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

顧客が感じる「価値」には2種類あると言われている。「基本価値」と「差別化価値」の2つである。

「基本価値」とは、企業が提供する商品サービスの価値のうち、顧客が「あって当たり前」と考えるものである。そのため「基本価値」は企業にとって必ず実現しなければならない価値であり、その価値がない場合は顧客の選択肢にすら入ってこないことになる。

「差別化価値」とは、企業が提供する商品サービスの価値のうち、顧客が「これがあるからこの店にする・この商品サービスにする」と考えるものである。この価値によって他社ではなく自社の製品サービスを選んでくれる可能性が出てくる。そのため、多くの企業はこの「差別化価値」を他社よりもさらに抜きに出ようと努力するものだ。

例えば、家電量販店を選ぶことを想定してみよう。

続きはこちらからご覧いただけます。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

APIA
アジア太平洋地域のISPやEC関連サービス会社、コンテンツプロバイダーなどのイン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]