マーケティング担当者なら知っておきたいCRMに必要な考え方

マーケティング担当者なら知っておきたいCRMに必要な考え方
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

CRMを導入することで既存顧客との良好的な関係性を構築することが出来ると言われている。購買履歴やコンタクト履歴、プロフィール情報などから最適な情報を提供することが可能であり、適切なコミュニケーションが可能だと言われている。これまでであれば、一人ひとりに異なる対応することは難しかったがCRMによってそれが可能になるという。

確かにそのようなことが可能な側面はある。しかし、間違いないことはCRMを導入すれば上述のことが可能になるわけではない。適切なデータを入手する必要があるし、それらデータを有効に活用するための考え方とコミュニケーション力が要求される。

続きはこちらからご覧いただけます。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インバウンドリンク
外部のサイトなどから自分のサイト内のページへのリンクのこと。“被リンク”とも呼ば ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]