「自分で考えた&選んだ」という演出がマーケティングには大切である。

「自分で考えた&選んだ」という演出がマーケティングには大切である。
よろしければこちらもご覧ください

大人になった人間にとって、何から何まで用意してもらい、演出してもらい、すべてのことを人の判断に委ねることは、あり得ないことだと思います。そんな「子供じゃあるまいし」と感じることでしょう。例えば、AIであらゆる情報を分析して、私たちに合致した商品を1つ選んでくれることに対して何か違和感を感じてしまうのではないでしょうか。自分で選べないの?「選びたい」という気持ちがあることに気づかされます。しかし、一方で何から何まで自分で考えなければならない場合は、非常に億劫に感じ、何も検討が進められないという側面も持っているのが人間でもあります。家の購入や保険の購入などは考えるべきことが多岐にわたり、検討すること自体が購入のハードルにもなったりします。

続きはこちらからご覧いただけます。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ソーシャルマーケティング
企業が自社の利益中心にマーケティング活動を行うのではなく、社会全体とのかかわりを ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]