なぜ「STP」で上手くいく企業と失敗する企業があるのか?村田製作所のマーケティング事例から考える。

なぜ「STP」で上手くいく企業と失敗する企業があるのか?村田製作所のマーケティング事例から考える。
よろしければこちらもご覧ください

マーケティングの基本と言えば「STP」である。セグメンテーション・ターゲティング・ポジショニングである。多くの企業がこの理論をもとに施策を実施するが成功する企業ばかりではない。中にはセグメントしてターゲティングしてしまうと市場が小さくなり過ぎて意味がないとか、ポジショニングしようにも自社の資産ではポジショニングしようがないとかいう人もいる。

確かに、どの企業でもSTPが適切な手段になるわけではない。STPは基本的な理論であり、自社の特徴や環境に合わせて柔軟な発想で取り組まなければうまくいかないことのほうが多い。教科書で読んで早速やってみました~で上手くいくわけではないのだ。

続きはこちらからご覧いただけます。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ディレクトリ
Webの世界ではテーマごとに整理されたリンク集のこと。 本来は「電話帳」や ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]