ページ表示速度改善のオススメ!~PageSpeed Insightsで簡単計測~

前回のコラム「Webサイトの運用フェーズでつまづかない為に大事なこと!~「コンバージョン」の重要性~」でコンバージョンを定義してサイトの運用を行うことの重要性についてお話させていただきましたが、ページ表示速度は、コンバージョンにも影響するとても重要なポイントです。そこで今回はWebサイトの表示速度が与える影響や表示速度の計測方法についてお話します。
 

表示速度が遅いとどのような影響がある?

ある調査によると、Webページの読み込みにかかる時間が3秒を超えると一気に直帰率が増え、特にモバイルユーザーの場合は直帰率は53%にまでなるそうです。商品(サービス)は素晴らしいのに、Webサイトのページ表示速度が遅いだけでビジネスチャンスを逸しているなんて悔しいですよね。また同じくGoogleは、ページ表示速度がSEOに影響することを公表しています。加えて、2018年7月に「モバイル検索の検索順位要素としてページ表示速度を使用する」という内容のSpeed Updateを導入しています。皆様のサイトは大丈夫でしょうか。
 

表示速度の調べ方

サイトの表示速度は、Google PageSpeed Insightsを使って無料で簡単に計測することができます。
https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/?hl=ja

こちらは、Googleが提供する無料ツールです。URLを入力するだけでPC・モバイルのそれぞれのページスピードを測定してくれます。

 

スコアの見方

では実際にスコアを見てみましょう。今回はYAHOOを見てみました。

 

▼続きはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/w008_201809.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クロスリスティング
株式会社クロスリスティングが提供する検索連動型広告など検索エンジンマーケティング ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]