今さら聞けない!インフルエンサーとは?

マイクロ?ナノ?それぞれどう違うの?今さら聞けないインフルエンサーについておさらいします。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

突然ですが質問です。

もし自分の上司や部下、または家族に「”インフルエンサー”について教えて」と聞かれたら、あなたは説明することができますか?もしかしたら「いいえ」と答える人の方が多いかもしれませんね。

そこで今回は、「”インフルエンサー”という言葉は知ってるけど、詳しくは知らない!」という人に、インフルエンサーとは何かをご紹介していきたいと思います。

 

(本記事はサウスポーマガジンより)  今さら聞けない!インフルエンサーってなに

そもそもインフルエンサーってなに?

まず、インフルエンサーとは一般的にどのような意味で使われているのでしょうか。Wikipediaによると、

世間に与える影響力が大きい行動を行う人物のこと
その様な人物の発信する情報を企業が活用して宣伝することをインフルエンサー・マーケティングと呼んでいる。
引用元:インフルエンサー – Wikipedia

ということだそうです。ここで新たなキーワードが出てきましたね。
そう、インフルエンサー・マーケティングです。

昨今、InstagramやFacebookを始めとしたSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)やYouTubeを筆頭に動画共有サービスが世の中に浸透しました。それにより、企業から発信する広告の打ち出し方が変わってきています。その中で生まれた手法のひとつが、インフルエンサー・マーケティングです。

Instagramは SNSの中でも特に注目が集まっており、Instagram上で活躍するインフルエンサーを指す”インスタグラマー“という言葉も生まれたほど。その月間アクティブユーザーはなんと全世界で8億人を超え、さらにその中の5億人は毎日利用しているそうです。※2017年9月時点
引用元:Instagramの月間アクティブ利用者数が8億人を突破、より安心してInstagramを利用できるツールのアップデートと取り組みを発表 | Facebookニュースルーム

 

ではこれから、 そのInstagramを参考に、”インフルエンサー”について紐解いていきたいと思います。これからInstagramを始めたい企業のご担当者様はもちろん、現在取り組まれている方もぜひご参考になさってください!

インフルエンサーの種類について

インフルエンサーという言葉の意味は上記でご紹介しましたが、果たしてどのような人が該当するのでしょうか。
ここではインフルエンサーの種類について紹介していきましょう。

インフルエンサーの中には、著名人もいれば一般人もいます。
インターネットが普及した今、誰でもソーシャルメディアを始められる環境から、一般人でも優れた記事を提供することが可能だからです。さらに、その人がどれだけの人に影響をもたらすかフォロワー数がどれほどいるか)も様々ですね。

その為、インフルエンサーにも階級が存在します。その区別はフォロワー数で決まります。今回は中でもマイクロインフルエンサー、ナノインフルエンサー、そして著名人の3つについて解説していきます。

①マイクルインフルエンサー

マイクロインフルエンサーは、1〜10万人のフォロワー数を抱えた人を指します。
インフルエンサーと比べると影響力は少ないですが、一定のコミュニティ(フォロワー)に影響を与えることが可能です。この階級であれば著名人はもちろん、一般人でも多数いる為、起用もむずかしくはありません。マイクロインフルエンサーはフォロワーが密接に繋がっていることが多く、エンゲージメント率が高いことが魅力です。

こんな企業様にはマイクロインフルエンサーがオススメ
・商品の認知度をグッと上げたい
・口コミ的に多数へ発信したい
・特定のジャンルのファンを増やしたい

②ナノインフルエンサー

ナノインフルエンサーは、数千人~1万人以下のフォロワー数を抱えた人を指します。一般人とマイクロインフルエンサーの間に立つ存在で、フォロワー数が少ない分、起用時の費用を抑えることが可能です。また、マイクロインフルエンサーよりも特化した人が多い為、狙いを定めた情報発信をすることもできます。さらに、インフルエンサーの中でもフォロワーのアクティブ率が最も高いのも特徴です。

■こんな企業様にはナノインフルエンサーがオススメ
・予算をかけずにインフルエンサーを起用したい
・一部の特化したユーザーに発信したい
・多数のインフルエンサーをマーケティングに活用したい

③著名人のご紹介

本サイトにてご紹介しております。そちらをご確認ください。

インフルエンサー・マーケティングが注目される理由とは

これまでまとめてきたインフルエンサーですが、そもそもなぜここまで注目されているのでしょうか?それは、他の広告媒体に匹敵するほど、SNSを始めとした ソーシャルメディアが力を持ち始めたからです。

インフルエンサー・マーケティング自体、2017年から特に注目が高まったマーケティング手法のひとつ。先行して機能していたFacebookやTwitterなども十分 広告媒体としての力は持ち合わせている中、さらにInstagramが参入したことで、よりSNSに注目が集まったと言えるでしょう。それを総称するソーシャルメディアはより強い媒体として、今後も存在力を増すのではないでしょうか。

▼関連記事をチェックする

化粧品メーカーが知っておくべき、キャッチコピーの作り方!2018年最新

【Instagram×インフルエンサー】 集客のお悩みを解決するSNSの効果的な活用とは?

インスタグラムで効果的にハッシュタグを活用しよう!

 

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード密度
1つのWebページ中で同じキーワードがどれくらいの割合で出現しているかを示すもの ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]