マーケターの56%がインフルエンサーを活用。課題は「選び方」と「効果」【サイバーエージェント調べ】

サイバーエージェントは国内広告主企業のマーケティング活動におけるインフルエンサー活用状況に関する調査を行った。

サイバーエージェントは、国内広告主企業のマーケター115人を対象に、マーケティング活動におけるインフルエンサーの活用状況に関するアンケート調査を行った。

マーケターの56%がインフルエンサーを活用。目的は「拡散」「ブランディング」「サービス/商品への理解」

インフルエンサーを活用したマーケティング活動について、「実施している/実施したことがある」と回答したマーケターは56%。

インフルエンサー・マーケティングの実施目的を複数回答で聞いたところ、「拡散・話題性の創出」が69%、「ブランディング・認知拡大」66%、「サービスや商品への理解を高める」52%となった。

対象メディアは「Instagram」が64%。フォロワー数1万~10万人の「マイクロインフルエンサー」が人気

インフルエンサー・マーケティングの対象メディアを複数回答で聞いたところ、「Instagram」が64%と最多となった。次いで「YouTube」(45%)、「Facebook」(40%)となっている。

インフルエンサー・マーケティング実施時に起用するインフルエンサーのSNSフォロワー数を聞いたところ、いわゆる「マイクロインフルエンサー」に相当するフォロワー数「1万~10万人」との回答が42%を占めた。

この結果についてサイバーエージェントでは「リーチよりもブランディングや欲求喚起を目的とする企業が多いため、高い専門性と良質なフォロワーを抱え、ファンから高い支持を集めるマイクロインフルエンサーを起用するケースが増えている」と指摘している。

課題は「インフルエンサーの選び方」「効果がわからない/測れない」

インフルエンサー・マーケティングの課題を複数回答で聞いたところ、もっとも多く挙げられたのは「最適なインフルエンサーの選び方がわからない」で42%。次いで、「効果がわかりづらい」(38%)、「効果計測ができない」(23%)となった。

調査概要

  • 【調査対象】インターネットメディアに関連した広告・マーケティングに関わりのある広告主企業のマーケター
  • 【調査方法】インターネット調査(ネットリサーチ)
  • 【調査時期】2018年5月〜6月
  • 【回答者数】115名
  • 【調査機関】デジタルインファクト
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ディープリンク
WWW上でのリンクの張り方の1つ。サイトのトップページへのリンクではなく、個別コ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]