マクロミル、商品の認知度、好意度、購入意向度などをキャンペーン実行中にリアルタイム計測できるサービスを提供

アンケート調査でしか聴取できない意識データを、リアルタイムに計測・確認が可能に

インターネット調査のマクロミルは、ブランド認知率・ブランド好意度等の「ブランディング指標」を日次単位などの高い頻度で計測し、その結果をリアルタイムに確認することができる新リサーチサービス「リアルタイム調査」を6月20日より提供開始する、と同日発表した。

リアルタイム調査は、商品やサービスの販売促進・広告キャンペーン等の実行中に、そのブランドに対する認知度、イメージ、好意度、購入意向度といったアンケート調査でしか聴取できない意識データを、リアルタイムに計測・確認することを可能にした。

ブランディングを目的としたWeb広告が増えるにつれ、「ブランディング指標」の評価においても、リアルタイムに成果を測ることを求める声が高まっており、これらの課題を解決するソリューションとして、リアルタイム調査を開発した。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]