コンバージョンにつながったキーワードを知る方法

みなさんはコンバージョンにつながったキーワードをどう調べていますか? おそらく現在はSSL化により、コンバージョンキーワードはもとより、サイトに流入したキーワー
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

みなさんはコンバージョンにつながったキーワードをどう調べていますか?
おそらく現在はSSL化により、コンバージョンキーワードはもとより、サイトに流入したキーワードすら暗号化され、見れない状態がほとんどだと思います。

今回はGoogleアナリティクスと連携し、CVとランディングページ情報を元にCVキーワードをある程度特定してくれるSEOキーワードツールをご紹介します。

オーガニック検索キーワードが(not provided)で見えない!

https化によりGoogleのアナリティクスではコンバージョンにつながったキーワードはもちろん、どのキーワードで流入したかという流入キーワードのデータもすべて(not provided)と表示され、把握することができなくなりました。

なぜ流入キーワード・コンバージョンキーワード情報が重要なのか?

角度の高い対策の効率化が見込めるから

  • 売上につながったキーワードを知ることで対策の強化ができる。
  • 対策したキーワードがきちんと流入・コンバージョンにつながっているかをチェックする。
  • コンバージョンキーワードでリスティングや外部広告出稿の目安となる。

コンバージョンにつながったキーワードを調べる方法

【使用ツール】 キーワードファインダー https://keywordfinder.jp/

【キーワードファインダー無料デモ発行はこちら】
無料デモ:https://keywordfinder.jp/demo

 

キーワードファインダー独自の特徴

  • 月間検索数、SEO難易度、関連度を自動で取得
  • Google、Yahoo検索順位も自動取得表示
  • CPC(平均クリック単価)も表示されるので広告出稿時に活用

コンバージョン(CV)キーワード特定の仕組み

Googleアナリティクスとの連携によりCVキーワードを特定

1.Googleアナリティクスと連携し、コンバージョン(CV)とランディングページデータを取得

2.コンバージョンのあったランディングページと流入キーワードで一致したキーワードをコンバージョン(CV)キーワードとして認識し、自動で表示させています。

このツールを使えば、流入キーワードも把握

キーワードファインダーでは(not provided)対策として「想定流入キーワード」が順位ごとのランクで自動表示されます。
キーワードファインダーは自動でキーワード、順位、月間検索数などの情報を取得してきます。

そのデータを元に"検索順位が1-10位までの検索流入している、もしくは流入している可能性が高い最新キーワード"を「想定流入キーワード」として分類表示させています。

詳しくはこちら:「not providedで見えなかった流入キーワードがわかる!?」

もうすぐ検索流入が見込めるキーワードは?
「想定流入キーワード」を段階表示!

キーワードファインダーでは想定流入キーワードの順位も取得しています。
そこで想定流入キーワードの順位ごとに想定絵流入キーワードを段階表示させています。

順位によって以下の3つの段階表示されます。

  • 検索流入しているキーワード(1位〜10位)
  • もうすぐ検索流入するキーワード(11位〜20位)
  • 頑張れば流入が見込めるキーワード(21位〜50位)

対策したキーワードで検索流入しそかどうかの段階が分かるので、例えば「もうすぐ検索流入するキーワード」であれば、コンテンツの見直しを行ったり、さらに上位を狙った対策強化を進める目安となります。

【キーワードファインダー無料デモ発行はこちら】
無料デモ:https://keywordfinder.jp/demo

 

キーワードファインダーが優れているポイント

1.毎日自動で新しいキーワードを自動取得
  毎回、ツールにキーワードを入れて関連語を探す手間がなくなります。

2.キーワード情報も自動取得
  「月間検索数」「難易度」「関連度」もキーワードごとに取得

3.競合サイトを7サイト登録可能。キーワードが競合サイト何社が自分より上位にいるか分かります。
 

今なら無料で7日間デモ体験ができます!

デモ申込はこちら: 無料デモお申し込み

キーワードファインダー概要

https://keywordfinder.jp/
・関連キーワードを自動取得
・関連度、難易度、検索数をキーワードごとに自動で取得
・自動分類機能
・cpc(平均クリック単価)も自動取得
・スマホ、海外サイトにも対応 ・簡易SEO診断機能 ・URL逆引き順位取得機能
 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SCAT
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]