【コピーライティング】異なる文化。異なる文章。

よろしければこちらもご覧ください

 

 

アメリカ人である私にとって、日本人の直訳の英語を読むとき、迷って頭を抱えこんでしまうことがしばしばあります。
ライティングスタイルや考え方が慣れ親しんできたものと大きく異なるからです。これはつまり、日本人にとっても外国人によって書かれた文章には、同様の感覚を抱くということが言えます。

文章のライティングにおけるこうした文化的な違いは、日本だけに限定したものではありません。
例えば、ガブリエル・ガルシアは、「英語とスペイン語のライティングスタイルでも大きな違いがある」と言います。
英語のライターは形容詞や副詞の使用を最低限にし、短くて明確なセンテンスを使用する傾向があるのに対して、スペイン語のライターは長いセンテンス、飾り立てた言葉を使用する傾向があるそうです。
 

1960年のロバート・カプランによるESLの学生に関する調査によれば...

▼続きはこちら▼

https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/l003_201806.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

グーパス
鉄道の改札機を通ったときに、地域情報などの情報を携帯電話にメールで送信するサービ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]