欧米人が気にすること~そのスペースは必要?~

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 

We often find the following mistakes :misplaced 
spaces,missing spaces and  double spaces.

 

あえて偏見のそしりを恐れず言うなら、日本人は一般的に几帳面だし、かなり細かいことを気にする人も多いと思います。
しかし、英文を扱う仕事をしていると逆に日本人が欧米人に比べ雑な一面によく出くわします。その一つが句読点です。実はこれには正当な理由があり、もともと句読点は明治時代に欧米から輸入して使われだしたものなのです。

それでも、日本語でも頻繁に使用される点や丸に相当するピリオドやカンマに関しての問題は少ないです。日本語と使用方法がだいたい同じだからでしょう。それ以外の不慣れな記号の間違いが多く、意外にも間違いが多いのはスペースです。そう、ただの空白のことです。広義の意味でのパンクチュエーションであるスペースは、英文の中で単語と単語を区切る重要な存在ですが、日本語では段落のはじめに字下げする程度の存在でしかありません。

そのため冒頭の英文のように、

▼詳しくはこちら▼

https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/l007_201806.html

T.N  コーディネーター

 

▼その他コラムはこちら▼

https://citrusjapan.co.jp/column/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

APIA
アジア太平洋地域のISPやEC関連サービス会社、コンテンツプロバイダーなどのイン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]