AIDMAを使ったマーケティング施策と親和性の高い「漫画」というツール

マーケティング的観点から見た漫画の活用方法
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

こんにちは!戒能です。

 

「AIDMA(アイドマ)の法則」という言葉を聞いたことはありますか?

AIDMAとは……

Attention:注目、商品やサービスについて知る
Interest:興味を持つ
Desire:欲しいという欲求
Memory:記憶
Action:購買行動

 

の頭文字をとったもの。

広告やマーケティングの世界で昔からよく使われていて、消費者が商品やサービスを購入するまでの“心の動き”を表したものです。

 

さて、ここでちょっと考えていただきたいことがあります。
あなたがメッセージを伝えたい相手は、AIDMAのどのフェーズに位置していますか?

そのフェーズに適しているツールは何でしょうか?(漫画・動画・文字情報)

認知度を高めたい……それはAttentionの段階

まだ商品やサービスが十分に認知されていないのであれば、まずAttentionに取り組むべきです。

 

Attention、つまり認知の段階では「発見性を高めること」が最大の目的。
こちらの記事(リンク)で紹介したように、Webサイトやパンフレットにおいて、発見性に優れているのは「漫画」です。

 

動画は印刷物には掲載できませんし、Webサイトでは「再生」ボタンを押す必要があり、

ユーザーがそこまでやって見てくれるかどうかわかりません。
 

漫画があることで、消費者(ユーザー)は、
「あ、漫画だ」
と注目してくれるのです。

 

「続きが読みたい!」と思わせるとっておきの方法とは

Attentionの段階を経て、次はInterest──興味を持つ段階に移ります。

ここでは、次のDesire、「欲しい!」という感情につなげるため、興味を掻き立てることが目的です。
漫画で「問題提起未解決型」のストーリーを描くことにより、興味喚起に優れた効果を発揮します。
 

「問題提起未解決型」とは、例えば、東野圭吾氏の『どちらかが彼を殺した(講談社)』のように(筆者は推理小説が好きなのです(笑))、事件・問題などが発生し、それを解決するシーンを見せずに終わる方法です。

ミステリーでいうと、一番スッキリする山場のシーン、解決の場面が描かれないことになるので、読者はずっと気になり続けます。

この型は「続きを読みたい」と思ってほしいときにたいへん効果的です。

いってみれば「続きはWebで」形式です。

 

消費者の“欲しい心”に火をつける

【Attention】で注意を引いて、【Interest】で興味を持ってもらったら、

今度は【Desire】、「欲しい!」と思ってもらわなければなりません。

ここではその判断材料となる製品やサービスについての情報をできるだけ多く、しかも手軽に得られるかがポイントとなります。
この段階にある消費者は既に興味は持っているので、イラストと文字情報(テキスト)で簡潔に伝えてあげるのがよいでしょう。

 

前の「Interest」での「問題提起未解決型」と組み合わせると、より効果的な流れを作ることが出来ます。
漫画で興味喚起をして、テキストでその解決となる製品やサービスの情報を伝えるのです。

こうすることで、よりスムーズに消費者に情報を伝えることが出来る理想形となります。

 

漫画とテキスト&イラストをうまく活用している事例はこちら

「やっぱり気になる……」

AIDMAの「M」Memoryの段階です。

この記憶の段階では、インパクトとわかりやすさが重要です。

 

ここでは、テキストよりもビジュアルがポイントになります。

絵としての記憶は、強く残ります。

 

記憶の達人などは、単語や文章を暗記する際、文字を絵として記憶するといった話もあります。
さらにストーリーがあると、記憶の定着率は大きく向上します。

日本史も、人物の名前をただ覚えるよりも、その人物がどういった生まれで、誰と繋がりがあって、どういう事を成し遂げたかといったストーリーと関連付けて覚えた方が覚えやすいですよね。

商品ができるまでの開発秘話などでメリットをアピールしたい場合、漫画は最適なツールになります。
 

「よし買おう!」に至る最後のひと押し

AIDOMA最後のActionとは、購買行動を指します。

この段階で重要なのは、購買後の具体的なイメージを与える、つまり、背中を押してあげることです。

 

買ったらこういうプラスな未来が待っている、悩みが解決される → だったら今買おう!
という決断に至ります。

 

「買った後の幸せが見える」という点では、感情を豊かに表現しやすい漫画が最適です。

 

 

 
 

動きで「注意」を惹きつけ、
続きが気になるストーリーに「興味」を持ってもらい、
「購買」で「幸せな未来を感じ取ってもらう」という流れを作るには、
漫画は最強のツールといえます。

 

 

 

 

 

※伝える漫画に興味をもった方はぜひ下記のページを参考にしてくださいませ。

https://product.ad-manga.com/service03/

https://product.ad-manga.com/service02

https://product.ad-manga.com/service01

 

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

NAP
「NAP」とは、 Name(店舗や会社の名前) Address(所在地) ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]