サイバーエージェント、3Dデータの肖像利用・管理に特化した子会社「Digital Double」設立

3Dスキャンで取り込んだ3Dデータの肖像利用・管理と、キャスティング業務を担当
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告のサイバーエージェントは、著名人などの3Dデータにおける肖像利用・管理及びキャスティング事業をする子会社「Digital Double」を6月7日に設立した、と同日発表した。Digital Doubleは、3Dスキャンでタレントやモデルなどの肖像を取り込んだ3Dデータの肖像利用・管理と、キャスティング業務を行う。3Dデータを活用したゲームCG制作、広告クリエイティブ制作の需要の高まりを想定し、この領域における実績およびノウハウを蓄積するために設立した。

Digital Doubleは、サイバーエージェントグループのタレントキャスティング会社「CCPR」がキャスティング面で協力し、技術面ではグループ内のゲーム会社「Cygames」が協力する。Cygamesが保有する200台以上のカメラと3Dスキャン(フォトグラメトリー)スタジオと連携する。また、3DCG動画広告制作会社 CGチェンジャーともクリエイティブ面で連動し、国内最大の3D肖像データ取扱い数を目指す。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

コンバージョン
サイトを訪問した人が、商品を購入したり、資料請求したりすること。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]