カード先進国・韓国 ~カード決済普及には大きな理由があった~

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 

前回のコラム「国が違えば決済事情も違う!~越境ECと中国のオンライン決済アリペイ(支付宝)についてちょっとご紹介~」では、中国のオンライン決済についてご紹介しましたが、今回は、先日まで冬季オリンピックが行われていた韓国について調べてみることにしました。
 

韓国がカード先進国であるというのは、なんとなくご存知の方も多いと思います。
私は5年前に一度だけ旅行に行きましたが、デパートや免税店ではサインは紙にではなく電子パネルが使われていたり、露店のような小さなお店でもクレジットカード支払いが可能であったり、随分と日本よりも進んでいるなと驚いたものです。

 

カード決済比率はなんと72%超

韓国では、クレジットカードの利用率が72.3%(2015年統計、2017年発表)と、かなりの割合を占めています。デビットカードやEマネー(プリペイドカード)なども合わせると、現金以外での決済が90%にも上ります。
一方、日本はクレジットカード利用率16.6%、デットカード・Eマネーなどを合わせても18.8%です。カード大国といわれるアメリカでもクレジットカードでの決済率は25.1%であることを考えると、韓国のキャッシュレス決済の浸透率の高さ段違いであることがよく分かります。

そこでこの大きすぎる違いは何なんだろうと調べてみました。
すると、韓国政府が、国民の消費の喚起や脱税防止対策として、クレジットカードの利用を促進するために以下のような方策をとっていたことが見えてきました。

▼詳しくはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/w008_201803.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

トップレベルドメイン
インターネットのDNSで利用されるドメイン名のドット(.)以降に示される文字列。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]