MAで変わるマーケティングの常識、神田昌典が語る新しいマーケッター像とは?

MAに関わるマーケターはクリエイティブな作業と技術的な作業の両方に習熟し、両方の言語が分かることが求められる。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

上記文章は、経営コンサルタントの神田昌典氏が執筆したMAについての記事から抜粋したものですが、MA導入支援に携わる者としておおいに同意できます。
神田氏が指摘するように、MAの設計・運用に必要な能力は、”クリエイティブな能力”と”システムの技術的な能力”です。MAを設計・運用するに当たっては、この両者に習熟していることが求められます。

「顧客の欲しいタイミングはいつか?」、「それぞれのタイミングで、顧客が欲しい情報は何か?」そして、「どのようなデザイン、コピーに落とし込む必要があるのか」といったことは、顧客のニーズを的確に感じ取れる感性が非常に大切です。
同時に、上記のような顧客ニーズに基づいて、具体的なコミュニケーションシナリオやクリエイティブをMAのシステムに落とし込み、実践するためにはシステムの技術的な知識と経験も必要不可欠となります。

しかし、現時点ではこの2つの能力を兼ね備えている人はほとんど存在しません。また、仮にそのような能力を持っている人がいたとしても、特定の案件を一人で担当することは、案件規模が大きくなればなるほど難しくなってきます。

 

続きはこちらからご覧になれます。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドバテインメント
広告(advertisement)とエンターテインメント(entertainme ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]