Webサイトの表示速度を改善しよう!誰でもできる画像圧縮のすすめ

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 

Webページにアクセスしたとき、読み込みが遅いとイライラしちゃいますよね。
Googleの調査によると、ページの表示が1秒から6秒に落ちると、直帰するユーザーが2倍に増えてしまうそうです。
とくにスマートフォンでの閲覧が増えた今、「移動中やすきま時間にサクッと調べたい」需要が高いので、表示の遅さは機会損失につながってしまいます。このような誰も得しない事態を避けるためにも、表示速度を改善してユーザビリティを向上させましょう!

表示速度の改善といっても、フロントエンド、バックエンドそれぞれでできることは様々あるのですが、今回は専門知識がなくても誰でもできる!ページを書き換える必要は一切なし!の大変お手軽な方法「画像圧縮」をおすすめしたいと思います。

圧縮といっても、画質はほとんど変わらず、ぱっと見ただけでは分かりません。なのに容量は確実に、多いときだと70%ぐらい削減されます。これは使わない手はない!

▲オンラインツールを使った例。100KBも軽くなっています。
そして、圧縮したあとは同名で保存して、サーバーにアップすれば簡単にページの軽量化が実現できるのです。

画像圧縮の前に!今の表示速度を測定しよう

せっかく画像圧縮をするなら、ビフォーアフターを把握できるようにしましょう!
ということで、「PageSpeed Insights」や「GTmetrix」などのパフォーマンス計測ツールで元の状態を測定しておきましょう。

・PageSpeed Insights
https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/
・GTmetrix
https://gtmetrix.com/

▼こんな感じでスコアが出ます(GTmetrix)

 

おすすめ画像圧縮ツール

さて、表示速度が記録できたところで、いよいよ圧縮です。手軽に使えるものからコマンドラインツールまで、用途別にご紹介します。

 

 

▼詳しくはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/w006_201712.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]