Instagramを企業はどうマーケティング活用すべきか?

Instagramをどのように活用していくべきでしょうか?今回は「Instagramのマーケティング活用の考え方」について、メディア特性や利用のされ方から考えま

最近「インスタジェニック」という言葉が方々で聞かれるようになりました。“インスタ映え”するかしないかで集客が大きく変わる傾向が見られるようになり、飲食店など接客をする店舗にとってインスタは無視できない存在となっています。お客様の中には、そのお店での食事よりもインスタに写真投稿することを重視して、写真を撮ったらほとんど食事はしないで帰ってしまう人もいるようです。
わずか7年前に登場したSNSの「Instagram」ですが、若年層を中心とした消費者の消費・購買行動に明らかな変化をもたらしています。爆発的に普及して日常的に利用されているInstagramは、企業のマーケティング施策において無視できない存在になったのではないでしょうか。今後企業はInstagramをどのように活用していくべきでしょうか?今回は「Instagramのマーケティング活用の考え方」について、メディア特性や利用のされ方などから考えていきたいと思います。

インスタは誰が利用し、なぜ利用されているのか?

日本国内におけるInstagramの月間利用ユーザー数は2017年10月時点で2000万人を突破しました。20代など若年層から強く支持されており、女性利用者の割合が高いという特徴を持つSNSです。Instagramのサービスインは2010年ですので、7年間で急速に成長していることになります。なぜ、こんなにも普及・利用されるようになったのか?いろいろな記事を見る限り大きく「2つの要因」があるようです。

 

続きはこちらからご覧いただけます。

 

 

マーケの強化書とは

マーケの強化書」は、株式会社ジェネシスコミュニケーションのコンサルタントが「マーケティングの実践的ノウハウ」をお伝えすることを目的とした自社メディアです。ジェネシスの仕事の考え方・取り組み方についてお伝えしていきます。

●「コンサルタントのコラム」
コンサルタントが「マーケティングの実践的ノウハウ」について毎月執筆しています。
●「マーケ担当者インタビュー」
企業のマーケティング担当者にマーケティングの取り組みについて定期的にインタビューしています。
●「強化ワークシート」
マーケティングの会議や企画で使える便利な資料を継続的に提供しています。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アクセシビリティ
広義には、障害者、高齢者を含むすべての人間が、同じレベルでサービスや機器、施設を ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]