グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第15回 1Pbpsのデータセンターネットワークを実現したJupiter(パート3)

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

CTC教育サービスはコラム「グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第15回 1Pbpsのデータセンターネットワークを実現したJupiter(パート3) 」を公開しました。

はじめに
 2015年に公開された論文「Jupiter Rising: A Decade of Clos Topologies and Centralized Control in Google's Datacenter Network」をもとにして、Googleのデータセンターで利用されるネットワーク技術を紹介していきます。今回は、ネットワークスイッチの物理構成を中心とした、ハードウェアアーキテクチャーを解説します。

Firehoseのアーキテクチャー
 前述の論文では、第13回の図1に示した、5つの世代のネットワークスイッチが紹介されています。その中でも、最初の世代にあたるFirehose 1.0は、サーバーハードウェアを用いて実装したとの記述があります。これまで、ネットワークスイッチを独自設計した経験がなかったため、サーバーハードウェアの設計経験を活かして、まずは実験的に、サーバーハードウェアのPCIボード上にスイッチチップを搭載した構成を試したそうです。しかしながら、ハードウェアの故障率や再起動にかかる時間、あるいは、サーバー間の配線の複雑化など、さまざまな問題に直面することになり、結局、Firehose 1.0は本番環境で利用されることはありませんでした。

この続きは以下をご覧ください
http://www.school.ctc-g.co.jp/columns/nakai2/nakai215.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]