さくらインターネット、物理作業不要なデータセンター「リモートハウジング」開始

好みの機器が設置できる自由度を確保しながらサーバー設置などの作業を同社が代行

インターネットデータセンター事業のさくらインターネットは、物理的な作業を不要にした新たなデータセンターサービス「リモートハウジング」を始める、と3月28日発表した。4月18日に申し込みの受け付けを開始する。サーバー設置などの作業を同社が代行し、好みの機器が設置できるハウジングの自由度を確保しながら、作業することなく利用できる。

顧客が所有する機器の設置に加え、同社からサーバーやネットワーク機器をレンタルできるため、素早くシステム拡張できる。同社のホスティングサービスとローカルネットワークが共通化でき、VPN回線や広域イーサネットなど外部回線の引き込みも可能で、柔軟で拡張性の高いシステムが構築できる。2分の1ラック(20ユニット)・230V1系統の場合、初期費用、月額とも9万9750円。

さくらインターネット
http://www.sakura.ad.jp/

データセンターサービス
http://datacenter.sakura.ad.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

クロスリスティング
株式会社クロスリスティングが提供する検索連動型広告など検索エンジンマーケティング ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]