タブレットユーザーの7割は表示速度2秒以内を期待、4割は問題を経験したら二度とアクセスしない。コンピュウェアが調査

世界のタブレットユーザーを対象にユーザー調査した
よろしければこちらもご覧ください

日本コンピュウェアは3月26日、米コンピュウェア コーポレーションによる世界的調査「タブレットユーザーへの対応:彼らはWebサイトに何を期待しているのか」の結果を発表した。

調査内容は、米コンピュウェア コーポレーションが3月13日発表したもので、世界中のタブレットユーザーがWeb体験に関して高い期待を抱いていることがわかり、全体の3分の1のユーザーは、期待に達しない企業からのオンライン購入は控える傾向にあるという。

調査から、タブレットユーザー全体のうち、約70%(日本83%)のユーザーはWebサイトのロード時間2秒以内を期待しており、日本のユーザーは全体と比較してより早いロード時間を期待。全体の3分の2以上のユーザーは、PCサイトより早いロード時間をタブレットを利用したWebサイトの閲覧に求めているという。

「タブレットでのページロード時間はどれぐらいであるべきか?」コンピュウェア調査レポートより

また、タブレット端末でWebサイトにアクセスして問題を経験した場合、ユーザー全体のうち「たぶん二度とそのサイトにアクセスしない」と49%が、「競合他社のサイトにアクセス」と46%が回答した(日本はそれぞれ47%と30%)。さらに、「PCやモバイル経由でもたぶんアクセスしない」と35%が、「その会社からはたぶん購入しない」と33%が回答した(日本はそれぞれ31%と24%)。

「Webサイトで問題を経験。あなたはどうしますか?」コンピュウェア調査レポートより

経験した問題として最も多くあげられたのはロード時間の遅さ66%(日本68%)、次いでサイトのクラッシュ44%(日本45%)、サイトの機能に関する問題42%(日本51%)、サイトのフォーマットに関する問題40%(日本35%)の順であった。

調査期間は2012年1月5日~1月16日。調査会社のEquation Research社が調査を行い、調査対象サンプル数は総回答者数2,033人。対象の条件は、タブレットを所有している人、過去6か月にタブレットを使用してインターネットにアクセスした人。

プレスリリース
http://offers.compuware.com/register?cid=70170000000gmg0

日本コンピュウェア
http://jp.compuware.com/

米コンピュウェア コーポレーション
http://www.compuware.com

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

APIA
アジア太平洋地域のISPやEC関連サービス会社、コンテンツプロバイダーなどのイン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]