NTTコミュニケーションズ、新しいパブリッククラウドサービス「Cloud(n)」を開始

利用データセンターが日米から選択可能、豊富なAPIと月額上限945円の安価が特長
よろしければこちらもご覧ください

NTTコミュニケーションズは、米国グループ会社のVerio(ヴェリオ)とともに、新しいパブリッククラウドサービス「Cloud(n)=クラウド・エヌ」を3月30日に始める、と3月28日発表した。まず米国のデータセンターで開始。6月から日本のデータセンターでも提供する。豊富なAPIを備え、ソフト開発者や世界展開するコンテンツプロバイダなどに適しているという。従来のクラウドサービス「Bizホスティング」に加えて導入する。

利用するデータセンターは日本と米国から選択できる。月額上限945円からの従量課金プランをはじめ、5つのプランを用意。用途に応じて安価に利用することが可能になる。SaaSプロバイダのインフラ基盤に使うことでコスト競争力を高められ、開発など期間限定の使用が低コストでできる。約150種類のAPIを提供し、アプリケーションの開発を容易で迅速にする。最大3ヵ月無料で利用できるキャンペーンを7月末まで実施する。

NTTコミュニケーションズ
http://www.ntt.com/

Cloud(n)
http://www.ntt.com/cloudn/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

レジストリ
ドメイン名データベースの管理を担当する組織。 レジストリは、担当するトップ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]