「Criteoが始められない!?データフィードの『不一致率』の解消法」を公開しました

【Criteo運用担当者に捧ぐ】早く広告配信したい!と思っているのに始められない・・・という方に不一致率の解消法をご紹介します。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

コマースリンクは、Criteo運用担当者向けに「Criteoの不一致率の解消法」を解説する記事を公開しました。

こんな方におすすめの記事です

・Criteoの運用担当者(広告代理店含む)
・Criteoタグの設計・実装をする、システム担当者
・Criteo用のデータフィードを作成している方

概要

Criteoの運用担当者なら、一度は聞いたことがある『不一致率』 という言葉。
この『不一致率』が原因で、広告配信が始められないという広告主や広告代理店様は多いのではないでしょうか。
本記事では、不一致率の概要と、弊社が広告運用サービスを提供する中で得た『不一致率』を抑える方法を紹介します。

『不一致率』が20%以上だとCriteoは始められない

■そもそも『不一致率』とは?

かんたんに説明すると、「Webサイトに掲載している商品」が「データフィード」にきちんと含まれているか、を計る指標です。

さらに詳しく説明すると、Webサイトの商品詳細ページタグから送信された(PVが発生した)商品IDが、広告配信可能な形でデータフィードに含まれているかを、商品ID単位でCRITEO側がチェックする仕組みとなっています。

続きは、下記からお読みいただけます。

Criteoが始められない!?データフィードの『不一致率』の解消法

ぜひご覧ください。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

WOMMA
米国クチコミマーケティング協会。2004年に設立された米国のクチコミマーケティン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]