よろしければこちらもご覧ください

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「文字列」を公開しました。

Rubyの文字列
今回は、Rubyの文字列表現について見ていきたいと思います。Rubyの文字列は、String型のオブジェクトとなります。文字列自身がString型のオブジェクトとなりますので、すべてのメソッドを利用することが可能です。リスト1の表現はすべて有効です。どんなオブジェクトになる意識しているので、String型のメソッドを使えると言うことになります。

リスト1

# irb(*1)
irb(main):001:0> “あいうえお”.size
=> 5
irb(main):002:0> “あいうえお”.reverse
=> “おえういあ”
irb(main):003:0>

次に文字列のリテラル表現について見ていきます。ダブルクオートで囲んだ文字列と、シングルクオートをよく見かけるのではないかと思います。では、ダブルクオートとシングルクオートの違いは何でしょうか。ダブルクオートの場合は、エスケープシーケンス(\tとか\nなど)がすべて有効となります。一方、シングルクオートの場合は、エスケープシーケンスがほぼ無効となります。リスト2では006が\tが解釈されてタブが出力されていますが、007はそのまま\tが出力されています。

リスト2

irb(main):006:0> puts “\tあいうえお”
  あいうえお
=> nil
irb(main):007:0> puts ‘\tあいうえお’
\tあいうえお
=> nil

この続きは以下をご覧ください
http://resocia.jp/column/329/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アクセス権
ファイル、ディレクトリ、Webページ、プログラムなどに対して、読み出し/書き込み ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]