【ABテスト事例】フォームのコンバージョンを高めた3つの施策

【ABテスト事例】フォームのコンバージョンを高めた3つの施策
よろしければこちらもご覧ください

ECサイトのカートや資料請求、会員登録などのフォーム最適化を図りCVRを高めることが重要です。
今回は3つのABテスト事例からコンバージョンレートを高める手法をご紹介します。

#1 入力項目の量

よく言われることですが、入力項目が多いことで離脱が高まります。
下記も図をご覧いただくとわかりますが、おおよそ3-5項目に抑えられるとCVRを高く保つことができそうです。
http://skan.in/wp-content/uploads/2015/06/howto-convert-forms1.jpg

実際のABテスト結果を見てみましょう。

ABテスト実施前のでは、入力項目が実に20項目ありました。
これを一気に4項目にした結果、188.46%もの成果をあげることができました。

この事例の場合、セールスのプロセスを見直し、本当に必要があると判断した項目だけに精査しました。
もちろん入力項目を減らし問合せを増やすことで、クオリティの低いものも含まれてしまうことは考慮すべき点ですので、場合によっては1つ程度はハードルを高めた項目を用意するのも良いかもしれません。

#2 ボタンのコピー

フォーム最後に鎮座するボタンのコピーについてです。
こちらもABテストの結果を確認したいと思います。

こちらの事例では、テキストを“Start your free 30 day trial”というものから、“Start my free 30 day trial.”に変更しました。
すごくシンプルに「your」から「my」へと変えただけです。
しかし結果は顕著に現れ、なんと90%ものCTR向上が実現したのです。

ボタンのコピーをよりパーソナルにすることでクリック率が向上という事例でした。
コピーを考えるときには

“I want to _______.”

というように自分事にしてみるのが良さそうです。

出典:10 Call-to-Action Case Studies with Examples from Real Button Tests

#3 配置

よくファーストビューに置くのが重要と言われます。

この点については下記から。
http://skan.in/2015/06/18/howto-convert-forms/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

GTA
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス