コンバージョン数を600%増加させたExit Popupで離脱率を下げる

コンバージョン数を600%増加させたExit Popupで離脱率を下げる
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

訪問者が離脱しようとする時に表れるポップアップのことをExit Popupと言います。
ランディング数秒後であったり、ブラウザの閉じるボタンを押した時に表れるパターンなどがあります。
このExit Popupをタイミング良く表示させることによって、コンバージョンを増やすことや離脱率を下げることが可能です。
このような事例は海外のサイトで見られ、非常に効果をあげていると言われています。

メルマガ登録600%増のWP Beginnerでの事例

WPBeginner - Beginner's Guide for WordPressというサイトではポップアップを表示させることで、600%ものメルマガ登録数向上をもたらせました。

ポイントは下記です。

  • シンプルで清潔感あるデザイン
  • 「はい」か「いいえ」で答えられるヘッドラインと、明確なオファー
  • 緑色の矢印が視線を登録へと促す
  • フォームの入力が1項目だけ
  • CTAに「me」「free」の記載

KISSmetrics

こちらは単純にYESかNOのみの表示。
無料のケーススタディーがあることを訴求していて、非常にわかりやすいものとなっています。
KISSmetrics Customer Intelligence & Web Analytics

Social Triggers

こちらも無料を訴求しているとともに、登録者数を全面に出すことで、Ebookのダウンロードを促しています。
Internet Marketing Strategy – Social Triggers

注意点

訪問する度にこれらのポップアップが表示されるようでは、当然のことながら余計に離脱をさせてしまう結果となります。
そこでcookieベースで訪問頻度を確認したり、訪問済みページ内容に応じて表示させる内容を変更させたりすることが重要となります。

WordPressでは、多くのプラグインが用意されていて、検索エンジン経由のみ表示させたりすることができるものもあります。
一度、試して効果を見てみるのも良いかもしれません。
WordPress › exit popup « Tags « WordPress Plugins

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ヒット
Webサーバーにリクエストされたアクセスの数。HTMLファイルへのアクセスのほか ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]