【速報】モバイルフレンドリーアップデートの影響はあったのか?スマホ利用者動向とともに考察※対応方法のガイドラインつき

モバイルフレンドリーアップデートの影響とGoogleからの公式発表、社員発表の内容をまとめています。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿です:
  • 編集部の見解や意向と異なる内容の場合があります
  • 編集部は内容について正確性を保証できません
  • 画像が表示されない場合、編集部では対応できません
  • 内容の追加・修正も編集部では対応できません

昨日から適用されているモバイルフレンドリーアップデート、まだあまり大きな変動は起きていないようですが、サイト運営者であれば注目せずにはいられないでしょう。

本記事では現状確認されているモバイルフレンドリーアップデートの影響を把握する方法やGoogle社員の発表内容などをまとめてご紹介します。

▼目次
モバイル検索エンジンの動向把握方法
モバイルフレンドリーアップデートの影響について
スマホ利用者動向
ここまでのモバイルフレンドリーアップデートに関するGoogle社員発表の内容
今後のPCとモバイルの順位取得方法
まとめ

 

モバイル検索エンジンの動向把握方法

順位変動の把握には株式会社ディーボが提供するGoogle検索順位変動検知サービス「namaz.jp」が便利です。Webサイトを運営されている方であれば、ご存知の方も多いと思います。
4月21日からモバイル検索にも対応しました。モバイル検索エンジンの変動がどれくらい起こっているかを確認できます。

 

モバイルフレンドリーアップデートの影響について

2015年4月21日はモバイルフレンドリーアルゴリズムの導入開始日です。(正確に言うなら、米Googleの本社がある所とは16時間の時差があるので、日本時間では22日ごろからになります。)
namaz.jpによれば、4月23日11時時点では大変動となっています。

 

>続きを読む

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

重複コンテンツ
同じドメイン名内、または他のドメイン名にわたって存在する、「内容は同じだがURL ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]